詩う食卓

utautable.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 19日

開店15周年企画 "感謝フェア" in 輝山

田園調布の輝山さんに声をかけて頂きまして、開店15周年企画 "感謝フェア" に出品することとなりました。
今回は、メインディッシュも盛れる”リム九寸皿”や”リムボール”など数点、出品しています。

会期;2012年2月16日(木)~26日(日)
営業時間:AM10:30~PM7:00

〒145-0071
東京都大田区田園調布2-44ー8
Tel&Fax 03-3722-3510

お時間よろしければ、お立ち寄り下さい。
[PR]

# by utau-shokutaku | 2012-02-19 15:29 | infomation | Comments(0)
2012年 02月 18日

英国風チキンソテー

”料理したいな~、料理したいな~”と思い、合間をみて”英国風チキンソテー”を作りワインを一杯。
簡単ですが、それでも何だかスッキリしました!(笑)
どこが英国風といわれると答えられないんですが・・・とにかく、「英国風」です!!
e0271167_22866.jpg


☆英国風チキンソテー

鳥もも肉   400グラム
たまねぎの微塵切  一個分
にんにくの微塵切  ひとかけら
カレー粉  小さじ2
小麦粉  大さじ2
塩  小さじ1杯半
胡椒  小さじ2
白ワイン  1カップ
牛乳  2カップ
スープ  1カップ
パイナップルジュース 1/2カップ

1、小麦粉、カレー粉、塩、胡椒をあわせ、それを鶏肉にまぶしていきます。
2、フライパンにまぶした鶏肉を皮目から焼き、両面をこんがり焼いてからとりだします。
3、先ほどフライパンにみじん切りにしたニンニクとたまねぎを入れ、弱火でしんなりするまでいため後、白ワインをいれアルコールをとばします。
4、そこに、鶏肉をもどし、スープをいれて蓋をし五分強、蒸します。
5、鶏肉を取り出し器に盛り付け、残ったフライパンに牛乳、パイナップルジュースをいれソースをt作ります。 パイナップルジュースと牛乳は最初分離しますが、かき回しながら少し煮詰めお肉の上に流しかけます。

☆今回は鳥もも肉を使ったのですが、結構おなかにくるので骨付き肉を使ったほうがよかったのかな~と。次回は骨付き肉でしていようと思います。
e0271167_2285335.jpg


e0248850_7565373.jpg




《器;リム9寸皿-白椿紋》
[PR]

# by utau-shokutaku | 2012-02-18 12:00 | メイン料理 | Comments(0)
2012年 02月 14日

スイートチョコ

”バレンタイン~♪♪”というわけで、
e0271167_20144245.jpg

ほんと~に、かわいい "MOROZOFF" の八十周年 記念缶!
e0271167_20135452.jpg

e0271167_20142710.jpg


 「缶、素敵です!!」 
”桜の器ははやいかな~”と思いつつもあったかい雰囲気になるので、先取りの桜ということで、
e0271167_20145421.jpg






《器;桜・輪花小皿》

[PR]

# by utau-shokutaku | 2012-02-14 13:03 | 甘味 | Comments(0)
2012年 02月 12日

極上の卵かけ御飯

先日、熊本お土産の”芥子蓮根”を頂いたご夫婦に、一緒に”雲丹醤油”なるものも頂きまして、

e0271167_7214442.jpg


















e0271167_7205481.jpg

これが、一口食べてびっくり!!
私はお寿司のネタの中でも雲丹は大好きで、特別なポジションを確保している”雲丹”。
それだけに、やっぱり雲丹はそのまんまに勝るものはないとはじめは思っていたのですが、
これが御飯にかけて食べてみると「おいしい~!!」

そのまま御飯にかけてもとっても美味しいのですが、
今日は卵かけご飯の上からかけていただきました。

「おいし~よ~っ!!」

e0271167_723256.jpg





《器;メシ茶碗-ぜんまい紋》
[PR]

# by utau-shokutaku | 2012-02-12 08:05 | パン・御飯 | Comments(0)
2012年 02月 01日

”焼きバナナ”

最近、手に入れた本に「バーの主人がこっそり教える味なつまみ」間口一就著 という本があります。
この本にのっているレシピは「一度は味見したい!」ものだらけで色々と楽しんでいます。
何だか新しい味に出会えるワクワク感とそれに伴う細胞の喜び(笑)
e0271167_22142576.jpg

その中に ”カレー粉バナナ” というのがあり、参考にしながら作ってみました。
隣に写っているのは熊本のおみやげに頂いた”辛子蓮根”。少しフライパンで熱していただくと絶品! 

☆カレー粉バナナ
バナナ 1本
カレー粉 小さじ2
キビ砂糖  大さじ1
バター  10グラム
ラム酒  大さじ1

1、バナナを半分にきって、バターを入れて熱した溶かしたフライパンで焼きます。
2、そこにカレー粉とキビ砂糖をいれ弱で2、3分カリーとするまで焼きます。
  表面がきつね色にカリッなるまで焼き、器に盛ります。
3、フライパンの残りのバターにラム酒を入れアルコールをとばしてからバナナに流しかけます。

カレー粉とバナナの甘味で一風変わったビールのお供にいいですよ~
e0271167_22144362.jpg


e0271167_22151395.jpg




《器;6寸丸皿-山桃紋》
[PR]

# by utau-shokutaku | 2012-02-01 16:30 | いっぴん! | Comments(0)
2012年 02月 01日

赤い実のソヨゴ

庭先のソヨゴ。
赤い実をつけてとても可愛い!
山の中でもちょくちょく見かけますが、緑と赤の色合いが素敵です。
e0271167_11395380.jpg

[PR]

# by utau-shokutaku | 2012-02-01 14:38 | 周りのものたちへ | Comments(0)
2012年 01月 29日

"ロイヤルミルクティー"はいかが?

茜染めの赤いランチョンマットで、” ロイヤルミルクティー” でたっぷり、ゆったり、ティータイム。

e0271167_7464457.jpg

ロイヤルミルクティー
1、鍋に二センチくらいの湯を沸かし、今日はセイロンティーを使いました。茶葉を通常の分量より少し多めに入れます。
2、一分強煮立たせ、たっぷりのミルクを鍋にいれ、沸かします。
  その間に筒ポットとカップにお湯を入れあたためておきます。
3、鍋が沸いたら、茶漉しでこしながらポットにいれ、ふたをし、カップに注ぎいれます。
ポットをあっためておくと冷めるのが緩やかでゆっくりお茶をたのしめます。

☆この大振りのカップ&ソーサーは、ティータイムにはこのようにたっぷりミルクティーぴったり!
またソーサーになっているお皿は、食パン一枚がのる大きさなのでモーニングセットとしても使えます。



《器;ゆったりカップ&ソーサー-桜小紋》
[PR]

# by utau-shokutaku | 2012-01-29 14:38 | ティータイム | Comments(0)
2012年 01月 22日

素心蝋梅

昨日までの冬の冷たい雨から一転。
あたたかな日だまりのなかで咲く"素心蝋梅ーソシンロウバイ"
e0271167_11464967.jpg


いつも"蝋梅"がさくと冬真っ只中にあっても、段々と植物が春に向けて動き出しているのを感じます。

蝋のような色で香りがいいとされる"蝋梅"らしいですが、私の家の"蝋梅"は香りが弱い。
でも、この独特の色と、楚々としている中にある可愛らしさで今の季節はじゅうぶん。
[PR]

# by utau-shokutaku | 2012-01-22 14:38 | 周りのものたちへ | Comments(0)
2012年 01月 08日

古代米スープ

お正月で食べ疲れた胃を休める ”古代米スープ”

e0271167_23342371.jpg


☆古代米スープ レシピ

白米
古代米(黒米含む) 白米の二割ほど
お出汁
クルミ 適量 
クコの実 少々
とろろ昆布 少々

1、お米からおかゆを炊く。 
2、炊いたおかゆから黒米を少し取り出しておく。
3、おかゆとクルミを刻んだもの、お出汁をミキサーにいれ、攪拌する。
4、器にスープを入れ、とろろ、黒米、クコの実をトッピングする。





《器;平鉢,小-呉須巻》

★このレシピは「料理屋の主人が作る酒の肴」柴田書店 の石川 秀樹さんのレシピを参考にしています。
 お酒を飲む前にのむと二日酔いになりにくいとか
e0271167_23472778.jpg

[PR]

# by utau-shokutaku | 2012-01-08 08:45 | 汁物 | Comments(0)
2012年 01月 03日

2012、三日目

松前漬けです。
漬け始めて三日目、やっと味が落ち着いてきたところをパシャ!
e0271167_22114452.jpg


☆松前漬 レシピ
にんじん  1本
昆布  30cm
剣先するめ 2枚
カブ  小1個
数の子 適量
ゆずの皮  適量
シークワァーサー 15個
みりん  25cc
料理酒  100cc
しょうゆ 45cc

1、にんじんを千切りに、昆布、するめを鋏で細かく切る。
2、しょうゆ、みりん、料理酒をそれぞれ別個に煮きり、冷ましておく。
3、冷ました調味料とあわせ、シークワァーサーを絞りいれ、1と数の子とあわせる。
(3~4に二日おいています。)
4、刻んだゆずの皮とカブを入れ混ぜ込む。

e0271167_22122441.jpg




《器;リム変形鉢》
[PR]

# by utau-shokutaku | 2012-01-03 11:08 | 節句 | Comments(0)