詩う食卓

utautable.exblog.jp
ブログトップ
2013年 07月 03日

e0271167_2143194.jpg


今日も頭の上に梅雨前線が止まっていますね。

小さい時、私は雨が嫌いで、(まっ、子供で好きだという子も少ないでしょうが)、
梅雨の時になると、本当に心に膜がかかっておりました。
なので、梅雨時やもう一つ秋というのは私にとっては心して過ごす季節でもあります。

ところが、ここ二三年、雨もいいもののだな、とやっとこさ思えるようになってきたのです。
思うに、雨のもつ”静寂”は、温暖化の進む日本にとっては特に、他では得難いものがあると思うのです。


e0271167_21411172.jpg


先日、桂離宮を訪れたときも雨が降っておりました。

今回の記事の写真、石だらけですが、
桂離宮で見た、雨にぬれた石畳の凄みといったらなかったのです。
しとしとと降り続く雨の中、石畳が本来の色を取り戻して、本当にかっこよかったっ♪♪

ほとんどが京都で集められた石だそうですが、・・・この緑の石!!

e0271167_21371845.jpg


今まで、密かに京都の石庭には、特に枯山水に何らかのものを感じることができずにいました。
なんだか、自然物を人工物にわざわざしているようで。
いつか何かを感じる時が私にもくるといいな・・・、と思っていたのですが、

・・・・今回、枯山水の庭ではないにしろ、こんなに私自身、石に感激するとは思っていませんでした。
これは、やっぱり晴れの日ではなく、雨の日だったからかな~と。

e0271167_21532481.jpg


 あの日、私はとても天候に恵まれていたな~と思うのです。
[PR]

by utau-shokutaku | 2013-07-03 22:06 | お出かけ! | Comments(0)


<< ソバ猪口パンナコッタ      雨の日、”秘密の -” >>