詩う食卓

utautable.exblog.jp
ブログトップ

タグ:鉢 ( 24 ) タグの人気記事


2017年 07月 24日

ガリ

暑い日が続いております。
PARTYさんの酒器展初日、暑い中たくさんのお客様に足を運んでいただきありがとうございました。

普段、あまり人と会わない生活をしているので、他の作家さんの酒器を見ることも面白いですし、勉強になります。
そして、PARTY店主さんのフットワークの軽い気さくなお人柄によるところがとても大きいのだと思うのですが、
職種も年齢も性別も違う様々な人が器を選びに器屋さんのドアを開けるということに、作り手の端くれとしてシミジミうれしい気持ちになりました。

で、奈良に今日戻ってきました。
今更ですが、暑いです……^^
e0271167_18085089.jpg
そんな暑い日常のなか、ここ最近はまってるものは……、「ガリ」です。
前から好きだったのですが、手作りしてからは常時そばにあるものでついつい手が伸びてしまいます。
e0271167_18091427.jpg
仕事の合間に吸い寄せられるように冷え冷えにひやした「ガリ」をおやつがわりにちょこちょこ、食べています。
なので1キロつけたのですが減りが早くて、この酒器展の搬入後にまた一キロ追加でつけこみました。
いつまでもつやら………^^



こちらのうつわも今回の酒器展に出品中。
小ぶりの六角小鉢。このサイズは食卓の上にちょこちょこ色々使えるサイズだと思います。

≪器;赤線六角小鉢≫



PARTYさんの夏の酒器展、今週の土曜日まで続きます。
まだまだ色々ありますので、是非ぜひ足をお運びください^^


e0271167_13502696.jpg
Party 夏の酒器展

伊藤嘉輝、志村和晃、土井善男、橋村大作、橋村野美知、古川桜

2017年7月22日(土)~ 29日(土)
11:00am~7:00pm(最終日5:00pmまで)
会期中無休
京王井の頭線「駒場東大駅」西口改札を出て、徒歩約3分です。
〒153-0041 東京都目黒区駒場2-9-2
TEL・FAX:03-3467-6830









[PR]

by utau-shokutaku | 2017-07-24 13:55 | 保存品 | Comments(0)
2017年 04月 01日

セリ

山菜の季節が始まっております。これからは山菜取りの怒涛の季節♪

e0271167_18044868.jpg
「セリと牛肉だけのすき焼き」

テレビで宮城県ではセリ鍋というのがあって県民の皆さんがもりもりセリを食べているという映像を以前見ました。
それを見てシンプルなこんな食べ方をしてみました…………、去年。

e0271167_18104669.jpg


去年の四月ごろ直売所できれいで大量のセリを見つけて購入。

こんな写真をとってアップしようと思いながら展示会の制作に追われブログに載せられずに一年。
美味しかったな~♪

e0271167_18110713.jpg
もうセリの季節です(笑)

今年もセリを買い込んでしたいな~、この食べ方。





シックなこちらの器です。時々シックな器を作りたくなります。
≪器;墨の5寸鉢≫


[PR]

by utau-shokutaku | 2017-04-01 09:00 | メイン料理 | Comments(0)
2016年 10月 17日

野菜ゴロゴロ、ビーフシチュー!

東京での初日を終えて帰ってきました。
e0271167_17550400.jpg
そして帰ってきて作った”野菜ゴロゴロのビーフシチュー”。
野菜も牛肉も取れてメインになる料理。
今回は市販ルーを使わずにトマト缶とコンソメで作りました。
牛肉と、人参ゴロゴロ、お豆さんゴロゴロ、マイタケたっぷりのおいしいビーフシチューです♪
e0271167_17554307.jpg
今回、新作で出させていただいたシチューボウル。
「宝尽くし」という古典柄をしてみました。

一つ一つの形がとてもユニークで面白いので、絵付けをしているときも楽しかったのです。
形の一つ一つにも意味はあるんですが、意味は後からで、まず面白い形のチラシ文のボウルとしてに目に入ればいいなぁと。
珍しく器そのものの画像をup(笑)。

e0271167_17543511.jpg





たっぷり入る大きさです。麺類や煮物にも使えます。
≪器;宝尽くしシチューボウル≫



今回、展示会をしていただいてる工芸舎さん。
30年続けてこられた器屋さんで、”器”への愛がお話しさせていただくと伝わってきて、
いろんな方向から私の知らない”器”あれこれや”東京”あれこれも気さくにお話してくださり、とても勉強になるし何より面白いのです。
展示会は20日まで。お時間ありましたら覗いてみてください♪

古川章蔵・古川桜 ー色絵磁器ー 二人展

ぎゃらりー工藝舎
2016,10,14(fri)~10,20(Thu)
11:00~19:00(日曜日・最終日は16:00まで)
東京都豊島区駒込1-3-2 まるやビル2F ➡MAP
Tel&Fax 03-3946-4008
http://utuwa-kogeisya.com/





[PR]

by utau-shokutaku | 2016-10-17 18:18 | 汁物 | Comments(0)
2016年 09月 02日

工房とねむの木

残暑厳しい中にも、台風の恐ろしさを考えさせられたり、季節の移ろいを感じるこの頃です。
うだる暑さも幾分ましになってきたような、と思うのですが、油断できないんですよね、この頃の日本の気候は!!
e0271167_18482308.jpg
いまだにペースをつかむのに四苦八苦してるところもありますが、新しく建てた工房で作業をし始めてもうすぐ7か月。

私はこの空に伸びるおおらかな樹形の”ねむの木”がとても好きで、「工房とねむの木」を写真に収めてみいました。(撮影は7月)
空の青と緑のモサモサ具合がまだ半端じゃない頃です。
e0271167_18513837.jpg
もう九月に入ってるのですが、工房には扇風機はもちろん網戸もまだ入っていなくてww、ある時間、虫との戦いになります。
夏物が少しお安くなる頃を狙います・・・・(笑)。






e0271167_11361186.jpg

今年は残暑が厳しいそう・・・・・。姉からの差し入れのウナギ!
夏のウナギってなんでこんなにおいしいのでしょう・・・・・。






試作中の丼蓋物での食事。微妙な寸法を調節して確定していきます。
詰めのところはやっぱり使ってみなきゃわからないことが多い。
≪器;赤絵木の芽文丼蓋物≫


[PR]

by utau-shokutaku | 2016-09-02 18:37 | Comments(0)
2016年 06月 17日

寒天

本格的な梅雨入りですね。
e0271167_11521919.jpg

仕事場の窓から庭を見ていたら、我が家の庭でもアジサイが咲き始めていました。
特別好きな花ではないけど、この梅雨の時期に目にしないのはやっぱり寂しい。

e0271167_11484463.jpg


さっぱりしたものが食べたくて、”たねや”の寒天をひっぱりだしてきました。
e0271167_11572188.jpg

たかが寒天なのに、自分で作ったのとどうしてこんなに違うのでしょうか・・・♪




銀際の点々が入ったこちら小鉢、地味ですがガラスにも土ものにも合わせやすい器です。
今回の展示会、初出品の中の一つです。
≪器;銀彩もくもく小鉢≫




百福さんにての二人展も今日を入れて残すところあと二日になりました。
百福さんを訪れるのは私は二回目だったのですが、ちょこっと置いてあるものも落ち着いていて、とっても居心地のいい空間でした。
お客様も店内でゆっくりとした時間を楽しめるのではないでしょうか^^
都会の喧騒を忘れに、覗いてみてください。



e0271167_16134472.jpg


ももふく 
『沖澤康平(ガラス)・古川桜(磁器)二人展』
 



6月11日(土)〜18日(土)  
12:00 - 19:00

〒194-0013
東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101   ⇒MAP
TEL 042-727-7607
・小田急線「町田駅」西口より 徒歩10分
・JR横浜線「町田駅」北口より 徒歩8分













[PR]

by utau-shokutaku | 2016-06-17 12:09 | 甘味 | Comments(0)
2016年 06月 06日

緑のブーケ

我が家の敷地に育つわさわさした三つ葉たち。
スーパーに売っているものと一緒のものとは思えません。
ついでにチョマも生えているのでますます雑草に見えます^^
e0271167_884443.jpg

ものの四、五分で緑のブーケが出来上がります。

でこちらの三つ葉をうすあげと一緒に煮びたしに。
e0271167_8112137.jpg

三つ葉の色がちょっと悪くなりますが、少しの苦みと香りがおいしい”三つ葉とうすあげの煮びたし”です。







こちらの小鉢、形に特徴があるのですが、深さがあるので結構いろいろ盛ることができます。
今回は煮びたしですが私はお肉料理のときにもよく使っています。
≪器;四色山型小鉢≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2016-06-06 08:18 | いっぴん! | Comments(0)
2016年 03月 10日

焼き大根の黒酢煮

このところいつも通う直売所にて、大根一本50円で見かけます。
50円って!!と思うのですが、ついつい手が伸びて買ってしまうのです。
いよいよ冬野菜も終わりに近づき、山菜が並び始めて春の気配。
e0271167_20373717.jpg

そのついつい手が伸びてしまった50円の大根とスペアリブとを黒酢煮にしました。



一年のうち大根がやったらと豊富にあるときにする焼き大根。今回はスペアリブとこっくり味にしてみました。
大根を焼いて水分を少しだけ足してお肉と煮ていきます。
e0271167_20385243.jpg

菜の花を塩ゆでして、スプラウトを添えて盛り付けけます。
あとはこの頃せっせと握ることに密かな楽しみを見出している(笑)”おにぎり”と一緒に簡単なお昼御飯です。
「いただきます!」





私の作るものの中ではちょっと珍しいこちらの鉢。少し複雑な青です。釉薬の具合で色んな表情を見せてくれます。磁器だけど全体濃い青の器。お料理盛りやすいです。
≪器;5.5寸中鉢≫






アール・ドゥ・嘉土さんにての個展も終了しました。
いつも個展に駆けつけてくださるお客様や、どこかの展示会で見てくださっていて足を運んでくださったお客様、このブログを見てお越しくださったお客様、色々な出会いがあり、とてもうれしい展示会でした。
今回は一点もの器や季節ものの器も多めに出品させていただいたので、今までとちょっと違うものを見て頂けたかと思います。これからも少しずつ、個展では一点物を充実させていけたらなと思っています。

―ありがとございました。―

[PR]

by utau-shokutaku | 2016-03-10 21:02 | いっぴん! | Comments(0)
2015年 02月 28日

豚肉のバルサミコ酢煮

e0271167_22455110.jpg

年明けに「頂いたんだけど使わないので」とおっしゃられて、なんだかおいしそうな”バルサミコ酢”をご近所の方にいただきました。
その時から、頭の片隅に”バルサミコ酢料理”、バルサミコ酢料理”とかすめていたのですが(笑)、仕事でバタバタ。
そんな時に雑誌のクロワッサンで~上質な”バルサミコ酢”を惜しみなく使って~と書かれたレシピが目に飛び込んできて、ウッキウキで作ってみました。

多少時間はかかるが、材料がとっても少ない!
豚肩ロース肉、チンゲンサイ、塩、バルサミコ酢、だけ。

バルサミコ酢をいれるまで40分~50分ゆでる。入れてから30分煮ます。
豚肉800グラムに対して大匙4杯のバルサミコ酢。
これでホロホロにやわらかいお肉に仕上がり、1分ゆでるだけのチンゲンサイもおいしい!
e0271167_956287.jpg

ん~っ、上品で素敵なレシピ。
飾らないおもてなし料理にもいいし、ああ、ワインがすすみます(笑)





緑と青の淡い濃淡で描かれています、こちらの器。
汁気のあるメイン』料理、スープもOK。
御浸しなど一品を盛る中鉢としても。

≪器;シダ文6.5寸浅鉢≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2015-02-28 23:01 | メイン料理 | Comments(0)
2014年 10月 12日

茄子鰊

身欠き鰊をこんがり焼いて、すりおろしたたっぷりの生姜と少しのお醤油をたらして食べる、というのが鰊の好きな食べ方なのですが、
少し前まで秋ナスが店頭にいっぱい出回っていて、
もうそろそろ、今年もお茄子も終わりかと思うと、たべたくなった鰊茄子。

e0271167_13104152.jpg

茄子鰊。
ナスニシン、なのか、ニシンナスなのかわかりませんが、京都のおばんざいの定番料理。

e0271167_13232949.jpg

とても地味な料理をそのまま全体モノトーンにまとめてみました。

≪器;墨の四角鉢≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2014-10-12 13:17 | いっぴん! | Comments(2)
2014年 09月 11日

無花果

e0271167_22295037.jpg

あさの果物は金のしずく。
う~ん、毎日が優雅な朝とは程遠いのですが、たまにはゆったりと。
無花果は女性の味方ですし・・・^^

無花果の収穫は季節はもうとっくに始まっています。
最近は日本無花果だけでなく、外国の種類の無花果もでまわっているので、
結構ながい期間収穫できます。
e0271167_22292236.jpg


こちら、外国の種類の無花果”バナーネ”。味は若干大味ですが、気前よくなってくれますwww。


≪器:鎬変形小鉢≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2014-09-11 22:34 | 甘味 | Comments(2)