詩う食卓

utautable.exblog.jp
ブログトップ

タグ:小皿 ( 15 ) タグの人気記事


2017年 03月 24日

深夜に焼くフルーツケーキ

Meetdishさんにての二人展も無事に終わり、一か月ぶりの更新です。(笑)
e0271167_17165395.jpg
私はケーキやパンの好みは、クロワッサンやショートケーキのようなオーソドックスでふわっとしたものも好きですが、
ズシッと重いケーキやパンが結構好きなのです。少しでお腹一杯になるようなドイツパンや原始的なケーキです。

あまり製菓やパンに詳しくないのでわかりませんが、ヨーロッパの家庭では昔から作られているものじゃないかなと思うのですが、
パッとレシピは検索しても出てきません。今は柔らくて、ふわっとしたものが好まれているからだと思うのです。
ですが、数年前NHKの「グレーテルのかまど」という番組でイギリスのフルーツケーキが取り上げられていました。

見るからに詰まってそう……、重そう……。
なんせ粉よりドライフルーツとナッツの重さのほうが何倍も重いレシピなのです。

その時に”これ作ってみたいかも…”と思いながらも数年がたち、ある時、”日頃、お世話になってる方々にお渡しするものに何がいいかな~”と考えていたところ、”ふっ”とこのケーキが頭をよぎりました♪(番組が終わってなくてサイトがのこっていて本当に良かった!笑)

昼間は仕事があるので、ケーキ作りはもっぱら窯たきの夜です。
窯の温度の上りを待ちながら、深夜にケーキを焼きます。
窯詰め終わりの日の夜からキッチンに立ちますので正直、体も頭もくたくたなのですが、オーブンに型を入れ終わるとなんか不思議な達成感があります。
このレシピあんまり失敗しないとこがいいのかもしれません。(笑)
e0271167_17115499.jpg
朝に出来上がっーたケーキにラム酒をしみこませて熟成させます。
そして二週間後ぐらいから、お茶の時間に8ミリぐらいの厚さに切っていただくのです。

少しづつ少しづつ小さくなっていく塊のケーキ。

e0271167_16562765.jpg

「 美味しいです♪ 」





こちらの器、Meetdishさんでの二人展で好評だった新作の角小皿。
定番で作っている紅白椿があるので、今度は爽やかな小皿をと絵付けしました。
≪器;柑橘文角小皿紅白椿角小皿、モザイク文マグカップ≫




Meetdishさんにての二人展では、おかげさまでたくさんのお客様に見てもらうことができました。
遠くから足を運んでくださったり、驚きの来店や再会があったり、と盛りだくさんな会期中になりました。
時間をかけてじっくりと器を選ばれているお客様の様子を見て、じんわりとうれしいものがありました。

ありがとうございました。


[PR]

by utau-shokutaku | 2017-03-24 17:48 | 甘味 | Comments(0)
2017年 02月 09日

梅干しと朝ごはん。

今日は朝起きたら窓の外が雪化粧でびっくり。

今週に入って久方ぶりに風邪のようなインフルエンザのようなものにかかりまして、咳をしながら鼻をぐずぐずいわせながら仕事しております(笑)皆様、まだまだ寒い日が続きそうです。お体に気をつけてくださいね^^
e0271167_22540015.jpg

話はかわりまして、朝ごはん。
私は小さい時からずーと朝はパンを食べてきたのですが、昨年の秋ごろにグルテン摂取を少し控えるため”お米とお味噌”というごく日本的な献立に変更しました。
変更した当初は、離脱症状なのか頭痛と眠気に悩まされたのですが次第になくなり、今はほぼお米生活をしております。

お米生活になるとおのずと”ご飯の友”が必要になるので時々作るのですが、それはまた今度にしまして、まずは基本の”梅干し”から^^

”梅干し”は母が毎年作ってくれていまして、この梅干しがとてもおいしいのです。
”土用干し”もするのですが、大寒前後に水につけて塩抜きした後”寒ざらし”をするという作り方をしているのです。
使かう”梅”は、完熟のLサイズ。
しょっぱすぎない、ほちゃほちゃの梅干しです。
e0271167_22543769.jpg
「母の梅干しはほんと美味しいね~、よそでこんな梅干し食べられない。」と母に毎年、真剣に言ってる気がします(笑)

この日はその”梅干し”と”ちりめん山椒”とお味噌汁と白いご飯で朝ごはん。

e0271167_22540998.jpg

少し風邪をひいてしまいましたが、その前までお米生活で少し太ってしまうほど体調は良くなっておりました。

…が、時々いただくパンがおいしすぎる今日この頃…。





朝、ご飯の友を盛る器がほしくて自分で作った器です(笑)お酒のあてなどちょこちょこっとのせるのに使える器です。

≪器;赤詰草文細小判小皿、木の芽文飯碗≫




★ご案内*
昨年の酒器展、一月の小皿豆皿展に引き続き、3月に大阪の本町にあります”Meetdish”さんにて父との二人展に出品します。
またDMとこちらのブログでの告知を来週当たりに順次していく予定です。
DM送付のご希望ありましたら、メール(furukawa-sakura@outlook.jp)にてお知らせください。
よろしくお願いします。

Meetdish 古川 章蔵 古川桜 二人展

2017年3月4日(土)〜 3月15日(水)会期中無休

営業時間:月〜金 11:00 〜 19:00 / 土日 11:00 〜 18:00

〒541-0053
大阪市中央区本町4-7-8 加地ビル1 

TEL 06-6266-6006





[PR]

by utau-shokutaku | 2017-02-09 23:26 | パン・御飯 | Comments(0)
2017年 01月 02日

風の森

e0271167_21142475.jpg

元旦の風景を少しご紹介。

新年の一口目は「風の森」。
e0271167_116859.jpg


今年のお正月は私がお酒係だったので何にするか迷ったのですが、結局奈良のお酒にしました。
奈良は日本酒の発祥の地とされていて、それもあってか小さな造り酒屋が結構あるのです。
それぞれに特徴が違うので奈良のお酒は”甘い”とか”辛い”とか言いづらいのですが、おいしいお酒が色々あります。

今回選んだのは発砲系の日本酒「風の森」と「無上盃」。
どちらもタイプは違いますが香り豊かなお酒です。


「風の森」をお屠蘇に楽しんだ後、安定のおいしさの「無上盃」へ。

e0271167_1113129.jpg


e0271167_11133649.jpg


e0271167_11132598.jpg

生麩と鞘インゲンの揚げたもの。黒豆。数の子。その他にも色々・・・。呑むのを撮影終わるまで待ってもらうのがいつも至難の業で、写真はこれぐらいに(笑)

一升瓶の無上盃をほぼ空にして元旦はあっけなく過ぎていきました・・・・^^

≪器;紅白椿の豆鉢。銀赤巻3寸皿。緑線細小判小皿≫


展示会のご案内です。
e0271167_1143223.jpg
Meetdish kosara/mamesara 展
1月7日(土)〜 1月18日(水)会期中無休
営業時間:月〜金 11:00 〜 19:00 / 土日祝 11:00 〜 18:00
〒541-0053
大阪市中央区本町4-7-8 加地ビル1F tel.06-6266-6006
[PR]

by utau-shokutaku | 2017-01-02 12:43 | 節句 | Comments(0)
2016年 11月 10日

鯖の味噌煮

e0271167_18155263.jpg
先月あたりでしょうか、テレビで”サバの味噌煮がフライパンで30分でできる”というのをしていて、
それから鯖の味噌煮をちょくちょく作っている今日この頃です。

臭み取りにしょうがと梅干しを入れて私は山椒醤油も使っているのですが、この崩れた梅干しと鯖を一緒に食べるとおいしくて^^
魚料理と梅干の取り合わせはあと引くおいしさです。

e0271167_21595596.jpg

立冬あたりから本当に寒くなって、仕事場にストーブをいれました。
家の庭で白の山茶花が咲き誇っていて、あったかいのか寒いのかよくわからないですね。




4寸半あるこちらの器、小皿ですが副菜はもちろんメイン料理にもつかえます。
≪器;市松文角小皿≫



[PR]

by utau-shokutaku | 2016-11-10 22:11 | メイン料理 | Comments(0)
2016年 04月 14日

昆竹煮

e0271167_2259577.jpg

”若竹煮”ならぬ、”昆竹煮”。
こんな名前があるのかは定かでないですが、ワカメではなく昆布とたき合わせました。

この筍、”味はどうかわからないけれど、一応、我が家でとれた朝どり筍です^^”と頂いたもの。
住宅地に住んでらっしゃるご夫婦なのですが、洋風のおしゃれなおうちの敷地の一角に竹林が!
結構りっぱな高さの竹林があり、風が吹くとワサワサと竹林が騒ぐようです。

私の住むあたりでも筍は取れるのですが、この頃はまわり一帯で猪被害がすごくて、やわらかい筍は猪にとってもおいしいらしく、筍を食べたのも今年はまだ一度きり。
頂いた筍はとてもやわらかくおいしい筍で、うれしい春の頂きものです。

この炊き合わせた”早煮昆布”、戻りが早くてやわらかく、味もおいしいのでとても重宝する昆布なのです。海藻好きの私にはうれしい食材です。
e0271167_23104472.jpg



シンプルな少し深さのある小皿です。ハレの日に使うのもいいのではないでしょうか。

≪器;銀赤巻き4.5寸小皿≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2016-04-14 23:42 | いっぴん! | Comments(0)
2015年 11月 12日

リコッタチーズとカチョカバロ

e0271167_1812422.jpg

フレッシュなリコッタチーズと無花果。

犬つながりでお知り合いになった方が、滋賀からの帰り際、私の家の近くを通るとのことで、せっかくなのでと寄ってくださいました。
岡山からいらっしゃっていて、お土産に「吉田牧場」のお土産をくださって、
私はこの「吉田牧場」を知らなかったのですが、今話題の牧場らしく、牛を飼うところからの本格チーズを作ってらっしゃるらしい。それも色んな種類!

e0271167_23231716.jpg

こちらがカチョカバロ。塩分の利いたチーズで、焼いてもおいしいらしい。味はもちろんですが、この形も何ともかわいい♪♪

この来てくださった日が丁度窯の冷ましの日にちで明後日搬入という日程。

展示会の発送が終わると、発送後いつも”ひとときの解放感”に浸ります。
で、そんな時に大事なのがおいしい食事とお酒ww。

e0271167_2324772.jpg

そして、”チーズ”ときたらもちろん”ワイン”!!
リコッタチーズは焼いてもおいしいらしい。。実はこのほかにも違う種類のチーズがあったのですが、名前を忘れてしまい、しらべる前になくなっていたという・・・・。
ひとときの贅沢に酔いしれてました。






トップの写真で使っている小皿も小皿展出品中。会期も残りあと三日となりました。
ざっくりと使えるので、私は果物を盛ることの多い器です。

≪器:流し4寸小皿,海色変形長皿≫



PARTY 四寸皿展

2015年11月6日(金)~14日(土)
11:00am~7:00pm(最終日5:00pmまで)会期中無休

京王井の頭線「駒場東大駅」西口改札を出て、徒歩約3分です。
〒153-0041 東京都目黒区駒場2-9-2
⇒MAP
TEL・FAX:03-3467-6830
sayomi@utsuwa-party.com


[PR]

by utau-shokutaku | 2015-11-12 10:39 | いっぴん! | Comments(0)
2015年 11月 10日

月世界

月世界。
姉が探し出してきたお菓子です。

e0271167_0152110.jpg

私のなくなった祖父は金沢出身で、金沢は和菓子がとてもおいしくて色々私たちにお土産を買ってきてくれていました。
私は幼かったので覚えていなかったのですが、その祖父のお土産の中にこちらが入っていたのだそう・・・。
祖父が亡くなり、姉がこの月世界を食べたくて探すのだけど見当たらない・・・。
そして見つけ出したのだそう・・・。
こちらのお菓子、金沢のお菓子ではなく、なんと富山のお菓子で、「やっと探し出せた!」と豪語しておりました(笑)
祖父との思い出が一番濃い長女のなせる技なのか、ただただ食い意地のせいなのか、お菓子への強いこだわりなのか、「月世界」の記憶さえない私は脱帽です・・・(笑)

e0271167_0194897.jpg

でも、食べてみると、やわらかい味の個性的なお菓子。
多分子供の頃の私には、このやわらかい味の良さ、わからなかったに違いない(笑)

今は「月世界」という名前もいいな~思ったり。




こちらの小皿、今会期中の四寸皿展に出品中。
和菓子にも、お漬物皿に使っても、食卓のアクセント的に使っても、食卓が華やぎます。
≪器;四色楕円小皿≫



- PARTY 四寸皿展 -

2015年11月6日(金)~14日(土)
11:00am~7:00pm(最終日5:00pmまで)会期中無休

京王井の頭線「駒場東大駅」西口改札を出て、徒歩約3分です。
〒153-0041 東京都目黒区駒場2-9-2
⇒MAP
TEL・FAX:03-3467-6830
sayomi@utsuwa-party.com


[PR]

by utau-shokutaku | 2015-11-10 00:21 | 甘味 | Comments(2)
2015年 04月 14日

きみごろも

春ですが、雨ですね~・・・。
もういい加減、止んでくれないかしらと思うこの頃。
そんな雨続きの貴重な晴れ間をぬって、花見です。
e0271167_18335917.jpg


長谷寺の奥の滝蔵神社の権現桜を見に行ったのですが、すで葉桜になっておりまして、すぐそばの”しだれ桜”と”御衣黄桜”をめでてきました^^
 私は”御衣黄桜”の実物を見たのは初めてで、こちらも桜ですよと、いわれなければわからない色ですけど、近くで見るとかわいいのです。
ほとんど黄色というか緑と茶色なんですけど、サシ色のようにピンクがみえて、近くで愛でる”桜”ですね♪

そこからは、”花”をあとにして”団子”です(笑)

e0271167_18493871.jpg

こちら宇陀・松月堂の”きみごろも”。
厚揚げ!?と思われるかましれませんが、何とも不思議なお菓子でして、メレンゲの黄身つつみです。
e0271167_18521586.jpg


口に入れた触感、「ふわり~」(笑)



こちらの小皿、メリハリの利いた色なので、食卓のアクセントになります。
このように菓子皿としても、お漬物などにもちょうどいい大きさです。

≪器;四色の楕円小皿≫




  「下関大丸・卑弥呼店のグループ展」、「高知の太郎冠者二人展」の二つの展示会を無事終了することができました。
今まで東京や、関西方面では作品を見て頂いていたのですが、今回は初の四国、中国地方ということで、また新しいお客様に見て頂けてうれしく思います。その土地がらやお店さんの雰囲気により、少しづつ好みが違うところが興味深く、あれやこれやと想像することが楽しかったです。

お忙しい中、足をお運び頂き、ありがとうございました。
  



 ※ 現在、大分の”器やしば”さんと展示会に引き続き福岡の”卑弥呼”さん本店にも、ほんの少しですが器をおいていただいています。
九州で見ていただく機会は今のところあまりありませんので、もし「実物をみてみたい」とおもっていただけましたら、覗いてみてください♪

[PR]

by utau-shokutaku | 2015-04-14 20:35 | 甘味 | Comments(0)
2014年 10月 25日

山帰来麩まんじゅう

e0271167_18383523.jpg


先日、ひっさしぶりに、多治見に行ってきました。

メインは、今、岐阜県陶磁器現代美術館で開催している、”大織部展”。
そして多治見入りの前に瀬戸にまわり、材料、道具仕入が目的。

一人、朝車で出て高速に乗りこむ日帰り旅だったので、多治見であった友達とお酒も飲みかわしができずモヤモヤwww、夜の高速にちとお疲れでしたが、”大織部展”には大満足でかえってまいりました。

今は磁器をしていますが、少しの間でも美濃で勉強できてよかったなと改めて思ったり・・・。

で、こちらの山帰来麩まんじゅう。

e0271167_23351254.jpg

多治見にいくと、”栗きんとん”かこちらの”麩まんじゅう”をお土産に買ってかえります。

山帰来の葉っぱも、この麩まんじゅうの包装も、もちろんお味も、華やかさはないですが、好きです。
地味ですが、きちんとしたお仕事。

多治見にはポツりポツりとまた食べたくなる味があるのです。




≪器;瑠璃色長方形小皿≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2014-10-25 09:55 | ティータイム | Comments(4)
2013年 01月 20日

鏡開き

松の内もとっくに過ぎ去り、鏡開きも過ぎ去り。。。、と思っていたのですが、関西では1月20日が鏡開きのところもあるようなので、お餅ネタを。

私が今はまっているお餅の食べ方、

”チーズ焼餅”

オーブントースターでお餅を焼き、お餅が膨らんできたらアルミホイルをしいて、とけるチーズをお餅の上に盛り、チーズがいい感じにとけきり少し焦げ目がついてくるまで焼きます。焦げ目がついてきたら取り出し、砂糖醤油をたらして食べます。
 こんな風に「溶ける」×「溶ける」の組み合わせに、チーズと醤油のマッチング。
e0271167_2255024.jpg


よく考えると”高カロリーお餅”ですが、カロリーをあまり気にしない私はこの食べ方にはまっております。
おいしいですよ~!!


《器;木芽ちりめん文楕円小皿》







.
[PR]

by utau-shokutaku | 2013-01-20 22:54 | いっぴん! | Comments(0)