詩う食卓

utautable.exblog.jp
ブログトップ

タグ:大皿 ( 12 ) タグの人気記事


2017年 04月 19日

"ワンプレートディッシュ"

e0271167_23320965.jpg
この日のメニューは…、

・吉田牧場のカチョカバロ・チーズのせカンパーニュ。
・フルーツトマト
・ニンジン・ジャガイモ・タマネギ・タコのオーブン焼きサラダ
・豆苗とベーコンの炒め物

ワンプレートのご飯は何といっても楽です、準備も後片付けも。(笑)
私はちょっとした気軽なランチをもてなすときにはいつもワンプレートランチだったりします。
前もってお料理を作っておいてのせるだけなのでお客様とも席についてお話しできるからです。
e0271167_23322205.jpg
この日のチーズのせカンパーニュが絶品!!!
なんてことない日常で、手の込んだ料理じゃなくても、席についてプレートの上の四品をゆっくり楽しむと自分が充電していく感じがします。
e0271167_23323546.jpg





今回のお皿は展示会にも出品しました8寸のリムプレートになります。
お料理を盛る部分をできるだけとったリムプレートになります。
≪器;赤絵木の芽文24センチリムプレート≫






★PARTYさんにてのワンプレートディッシュ展も後半戦に入り、残すところ三日となりました。
 お時間ありましたら覗いてみてください♪
e0271167_22373070.jpg


ワンプレートディッシュ展
2017年4月15日(土)~ 21日(金)
11:00am~7:00pm(最終日5:00pmまで)
会期中無休

京王井の頭線「駒場東大駅」西口改札を出て、徒歩約3分です。
〒153-0041 東京都目黒区駒場2-9-2
TEL・FAX:03-3467-6830


[PR]

by utau-shokutaku | 2017-04-19 08:50 | メイン料理 | Comments(0)
2016年 06月 08日

青い鳥

先月、ある会に参加して”バードウォッチング”を教えていただきました。

鳥の見方を教えていただいてからというもの、小鳥の声を耳にしては姿を探す日々です。
セキレイ、メジロ、シジュウカラ、声は聞こえるのに姿を探し当てられないウグイス・・・。
そんな身近の小鳥たちがとっても”かわいいっのです。
e0271167_22413346.jpg

そして絵付けのモチーフに小鳥たちの登場頻度が上がるというわかりやすい私^^
e0271167_22385556.jpg

この日はヒレカツ。私はロースが基本的に好きですが、たまに食べるヒレカツも美味しい!!
サラダとラタトゥーユにイタリアンパセリを盛り付けて、

e0271167_2242912.jpg


ソースをかけていただきます!





こちらの器、収納もしやすく使いやすい寸法の七寸リム皿になりなす。
≪器;青い鳥七寸リムプレート≫





e0271167_16134472.jpg

ももふく 
『沖澤康平(ガラス)・古川桜(磁器)二人展』
 

6月11日(土)〜18日(土)  
12:00 - 19:00
〒194-0013
東京都町田市原町田2-10-14 原町田ハイツ101   ⇒MAP
TEL 042-727-7607
・小田急線「町田駅」西口より 徒歩10分
・JR横浜線「町田駅」北口より 徒歩8分

今回はガラス作家さんとの二人展です。

私のほうは中鉢、小鉢、小皿類の種類が多めです。夏なので染付含む青い器が若干多めです。
普段使いしやすいものを出品する予定です。

私も初日は在店します。お時間ありましたら、覗いてみてください。
[PR]

by utau-shokutaku | 2016-06-08 23:26 | メイン料理 | Comments(0)
2015年 05月 23日

お肉と花山椒

今日、個展の初日あけました。

こちらはその個展準備中のある日。
今はもう実山椒の収穫時期ですが、この時は花山椒。

庭でバーベキューをするというので、その日は私は食べるだけの参加(笑)

e0271167_14154273.jpg


炭火で焼いたお肉をポンポンとお皿に乗っけて、その上にたっぷりの花山椒。
お肉と花山椒、合いますね♪ もちろんビールも!

e0271167_14153180.jpg

花山椒は実山椒よりピリピリが穏やかで、香りがふんわり鼻に届きます。








こちらのお皿、”今は八寸皿なんて大きいわ”とおっしゃる方も多いですが、ざっくり盛るととても重宝するプレート皿です。空間を空けて盛るとなんでもないちょっとしたお料理も何となくそれらしく見えたり・・・・(笑)

≪器;黄&紺八寸角皿≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2015-05-23 18:35 | メイン料理 | Comments(0)
2014年 04月 07日

桜鯛

工芸いそべ & Meetdish にての二人展がおわりました。
お越しいただいた方々、本当にありがとうございました。

e0271167_09165888.jpg
桜鯛。30センチ以上あるこちらのお皿にちょうどいい、とても立派な鯛!!


e0271167_09170690.jpg
口から見える歯がいいですね!(笑)


こちらの桜鯛、岡山のセラヴィさんから今回の展示会に際し、いただきました。
とっても立派な鯛・・・・。お酒が進んでしまいます・・・・♪♪

会期中も会期が終わってからも、今回の展示会にお祝いのお言葉をたくさんいただきました。
今後の励みにしていこうとおもっています。

e0271167_09171369.jpg
こちらは東京の工芸舎さんから。

大切にいただきます。

展示会での人との出会いは、
緊張と普段は知ることのできない、実際にお使い頂いてる方と話せる嬉しさと
色々と混ぜ混ぜになっていつもスリリングです。

これから、もっと色々な方に使っていただけますように☆
ありがとうございました。

≪器;鎬・幻想の角皿≫






[PR]

by utau-shokutaku | 2014-04-07 09:38 | いっぴん! | Comments(0)
2013年 05月 31日

角煮と芍薬

e0271167_864152.jpg


庭の芍薬が満開になっています。
芍薬の花ってとても華やかで好きなのですが、
このきれいな芍薬は、ああ、品種改良を繰り返し、花を精一杯大きく咲くようにしたんだな・・・と思うのです。
なぜなら・・・、花が咲き誇ると、自らの花の重みに耐えきれず、倒れていく・・・・。
満開になったとき、支えるものがないと倒れていくのです(笑。
でも支柱ってどうしても見栄えがよろしくない。

私の住むあたりもとうに梅雨入りし、雨の日が多くなり始めました。
そうすると。芍薬は雨の重みに見事に耐えられず折れる-。
なのでそうなる前に花瓶に活けて愛でるのです。

e0271167_871386.jpg


芍薬を食卓にあげてはいけないといわれますが。
花粉が落ちないようにしながらあげてみました。
ゴージャスかつ上品っという別方向の要素が同時に感じるので、
ひかれるんですよね。

e0271167_875826.jpg


食卓に上がっているのは豚の角煮。
下ゆでから入れると4時間ぐらいかけて料理しました。
時間のおかげか、とってもおいしい角煮でした。
そろそろ実山椒の収穫時期になります。
香り付けにたっぷりの葉山椒をそえて、頂きます。




七寸角皿。
この手のものはざっくりといろいろ盛れるので、とても便利です。


≪器;七寸角皿≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2013-05-31 08:20 | メイン料理 | Comments(1)
2013年 04月 17日

クレソンとオムレツ

いよいよ、完全に春がやってきたな~と思うこの頃。
ぽかぽか天気のなか、時々の黄砂&PM2.5で”う~ん”となりながらも、やっと春を楽しむ感じになってきましたね。

e0271167_2224385.jpg

うちのクレソンはあんまりたくましく生えてないので(笑、そこら辺の野草そっくりです。
花もすぐそこの川べりに生えてるのとよく似てる・・・。結構、花も可憐で・・・・。

でも茎を折って匂うとピリッと辛い香りが”!!”、クレソンです。

今回はオムレツの付け合せに。
e0271167_881446.jpg


e0271167_2214958.jpg

茎の部分はちと固かったのですが、味は十分おいしく、なんといっても香りがいいです。




今回のこちらのお皿。
今は一般の食卓も洋食化が進み、とくに若い世代は小鉢を並べるより”一皿で洗い物を少なく”
という感覚の方も多いような気がします。
というわけで、食器棚にも入りやすい7.5寸皿。
カレー、パスタもちろん、お肉、お魚等のメインプレートとして使えるお皿です。

≪器;7.5寸丸皿≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2013-04-17 08:08 | メイン料理 | Comments(2)
2013年 02月 21日

おうちで酢豚

酢豚・・・。
小さい頃の憧れの料理 ”その一” です(笑

e0271167_2036322.jpg

今では、家庭でも作られる方も大勢いらっしゃると思うのですが、
私は酢豚というのはず~っと中華料理屋さんで食べるものというイメージがありました。
なので、家でわざわざ作るという考えはなかったのです。

が、たまにこの甘酢が恋しくなる。
ということで初めて酢豚を作ってみました。

大皿に酢豚をもり、銘々取り分けて食べる。
・・・・。  ”おうちで酢豚” もとてもいいですね^^

e0271167_204168.jpg


真ん中に大皿を置き、取り分けて食べるという”食卓を囲み感”はやっぱりいいですね。

今回のこちらのお皿、二度目の登場なのですが(”英国風チキンソテー”以前はメインプレートとして、)
今回は大皿として使用しています。洋風にも中華風にも合わせやすい器です。

e0271167_2122869.jpg










≪器;白椿9寸皿≫


.
[PR]

by utau-shokutaku | 2013-02-21 00:00 | メイン料理 | Comments(2)
2013年 01月 01日

2013、元旦

明けまして、おめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
  


我が家の御節。 
e0271167_12453014.jpg


イレギュラーや手抜きもなんのその。プリン体も大歓迎の御節です。

e0271167_1247644.jpg
e0271167_12472772.jpg
e0271167_12471854.jpg
e0271167_12473981.jpg
e0271167_1247342.jpg
e0271167_12475687.jpg
e0271167_12474878.jpg
e0271167_1248129.jpg
e0271167_1248757.jpg


この頃はお節料理が嫌いな人も多いようですが、
私は御節料理はいまでも最高の贅沢です。
でも、通風もちの方には”たっ大変”な三が日ですね(笑)。

今年も皆様にとって良い年になりますように☆
 


《器;鎬 大角皿》
[PR]

by utau-shokutaku | 2013-01-01 12:00 | 節句 | Comments(2)
2012年 12月 23日

温野菜サラダ

e0271167_17253565.jpg

ごぼう。
にんじん。
さといも。
セロリ。
カブ。
レタス。
e0271167_17214599.jpg

揚げ物料理のときに、必ずほしくなる”サラダ”。

この日はひとくちカツに温野菜サラダ。

サラダは葉物のものが多いですが、今回は温野菜サラダなので根菜大目のからだを冷やさないサラダです。

にんじんとカブは茹でて。ごぼうと里芋は素揚げしました。セロリとレタスはそのままで。l
それをドレッシングではなくゆず味噌で頂きます。

”みずみずしさ”っというよりは”ほっこり”する温野菜サラダ。

その温野菜サラダを今回、六角皿に盛りました。
このシリーズは一枚一枚違うお皿で、明るく、やわらかい雰囲気のお皿です。
忙しいときでも、このお皿でごはんして、やわらかい気持ちになるなればと(笑)

銘々に違う柄なので、クリスマス、お正月等、大勢が集まるときに使うとなお一層テーブルが華やぎます。



≪器;鎬 六角皿≫


[PR]

by utau-shokutaku | 2012-12-23 17:28 | いっぴん! | Comments(2)
2012年 10月 13日

手羽先と栗の旨煮

e0271167_10292764.jpg

先週に続いて栗です。
栗って料理するのに一手間かかるじゃないですか。
なので去年まではもらった栗も家の栗も、週末まで待ってとか、翌週までおいといて時間があるときに調理するって感じだったのです。
それも外に出しっぱなしで。
しかし、栗はあんな硬い皮に」まとわれながらも、生ものでとったすぐから鮮度が確実に落ちていく。
なので取ったすぐに調理するのが結構大事なのだと知りました。
もし二、三日おくとしても野菜室かチルドに入れるんですって!! 
私はこれを一昨年知りました。(笑)

e0271167_10441238.jpg

今回は収獲して、その日は野菜室へ。
翌日に「いも・栗・かぼちゃ・豆の料理とお菓子」という本の”手羽先と栗の旨煮”を作ってみました。

☆手羽先と栗の旨煮 レシピ
栗          10-15個
鶏手羽先         6本
A 醤油        小さじ1
  酒         小さじ1
長ネギ         1/2本
しょうが          1片
カブのの葉      一株分(レシピにはなかったのですが青みを足しました)
B 酒         大さじ2
  醤油     大さじ1と1/2
  砂糖       大さじ1/2
サラダ油       大さじ1 

1.栗は熱湯で3分湯で、鬼皮と渋皮をむきます。
 手羽先は皮目と反対側から骨に沿って切り目をいれ、Aをからませます。
 長ネギは4-5センチの長さのブツ切りに、しょうがは薄切りにしておきます。
 カブの葉も4-5センチにきっておきました。
2.フライパンにサラダ油をいれ、熱してから手羽先を皮目から焼きます。きつね色がつくくらいまで。
3.次に長ネギ、しょうが、栗をいれ、さっと炒めます。
4.炒めたら、みず200mリットルとBを入れます。
 煮立ったら、中火で20分。汁気がほとんどなくなるまで照りよく煮ます。
 カブの葉は出来上がる少し前に加えました。

e0271167_1029058.jpg












*私は手羽先十本でしたので両手鍋を使いました。その為か、または栗の種類、鮮度の為か、栗がくずれてしまいました。
最初の栗をゆでる時間とかは少し加減した方がいいかもしれませんネ。

でも、崩れてしまった栗でもおいし~い!!

《器;ピエロ柄楕円皿》
[PR]

by utau-shokutaku | 2012-10-13 12:00 | メイン料理 | Comments(0)