詩う食卓

utautable.exblog.jp
ブログトップ

タグ:カップ ( 9 ) タグの人気記事


2015年 08月 04日

ところてん


e0271167_13093646.jpg

うだるような暑さ。
この時期になると最高気温のニュースと一緒にテレビから聞こえる、聞きなじみのある地名、”多治見”。

私が多治見を出た後も多治見で過ごしていた友達は「そのうち”暑死”ってことばが生まれると思う…。多治見の駅に降り立ったら死にそうって思うねん…。」と言っていたことがありました。そのとき、多治見の暑さを知る私は「あながち遠くないかも…」、と思ったのです。

そんな異常な暑さからは随分ましなはずの私が住む田舎。私のこの頃の口癖は「私、死んでしまうかも…。」です。(周りに失笑されてますが…。)

で、死んでしまうかもしれないので、夏バテ予防にといいますか、ところてんです。

e0271167_13095809.jpg
関西はほんとうは黒蜜らしいのですが、私は断然、三杯酢がすきです!

天草から作ったところてん。
押し出す道具がないので包丁できって御猪口へ。
いくらでも食べられそう…^^





こちらの猪口、結構おおぶりでして、用途が限定されないような寸法にしてあります。

≪器;枇杷文丸猪口≫






百福さんでの”そばの器”展が無事終了しました。

と~っても暑い中足を運びいただき、ありがとうございました。
これからも、コツコツ作っていこうと思います。
まだまだ暑い日がず~と続きます。どうぞご自愛ください!

ーありがとうございました。ー



[PR]

by utau-shokutaku | 2015-08-04 18:17 | いっぴん! | Comments(0)
2014年 07月 03日

バンドネオンの音色でコーヒーブレイク。

ギャラリー佑英さんでの個展も残るところ二日。
たくさんの方にみていただき、嬉しいかぎりです。

ありがとうございます。
e0271167_1330795.jpg

アルゲリッチと演奏した”クロイチェル”からギドンクレーメルを聞くようになり、”ピアソラへのオマージュ”へ。
そしてピアソラにいきつきました。

今はオーディオ機器がそばにないので”記憶の中で”ですが、ピアソラのバンドネオン、鳴り響かせることができます(笑)

どこかの本で「すべての芸術は音楽にあこがれる」というようなことをかいていたのを記憶しています。

そんなことを考えて描いたわけではないのですが・・・・・(笑)、
なんか、わかるような気がするような・・・・♪、どうでもいいような・・・・♪

―tango文―のフリーカップで、コーヒーブレイク。



今回の個展にも出品中。

≪器;tango文フリーカップ≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2014-07-03 13:31 | ティータイム | Comments(0)
2013年 11月 30日

白湯

e0271167_1635217.jpg

私の朝は布団からでて、着替えて、散歩に出るのですが、ここ2か月ほど、起きて散歩に行く前に”白湯”を飲んでます。

今年の夏、ある場所でのBBQにお誘い頂きました。
10人ぐらいでBBQをワイワイおいしく囲み、その後コーヒーを頂いている時、”珈琲”について話していたのですが、その流れで、”普段、何を飲んでいるか”という話になりました。

その時、あるお二方が -白湯- と。
その方たちは”白湯”をお茶代わりに常時飲んでらっしゃるらしく、”白湯”という飲み物が自分たちには ”しっくりくる” という表現をされたのです。

以前、体が疲れていて、食欲がないときなど、胃をあっためるべく”白湯”を時々飲んでいたことがありました。二日酔いの朝にもよく・・・(笑)。
その時は常時飲むということもなく、自然と白湯からお茶に代わりとしましたが、その話をきいて、不思議な”ほっ”とする感じがあったのを思い出しました。

改めて、朝、体を起こすこともかねて、白湯を飲んでみました。
この頃、起きる時間になってもあたりは暗く、布団から出るとすぐに体が冷えてくるのですが、白湯を飲むと食道と胃を瞬時に温めてくれます。

白湯を飲むのは朝だけですが、 ”しっくりくる” という表現がわかるな~とこの頃思うのです。




≪器;ト草文細筒湯呑≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2013-11-30 16:46 | ティータイム | Comments(2)
2012年 12月 03日

パンプキンスープで一息入れる。

今回はパンプキンスープをカップに入れて、ナッツやドライフルーツと一緒に一息。
e0271167_224464.jpg

この小さなカップはタイトルに”小さな鳥のマグ”と名付けたハンドル付きの小さなカップです。
一つ一つ、違う鳥たちが囀っています。

小さなお子さんのためにと作ったのですが、結構、大人にも気に入ってもらえるみたい。

e0271167_2255290.jpg


♪♪♪個展が無事終わりました。足を運んで下さった皆様、ありがとうございました。今後の制作の励みにしようと思います。♪♪♪

《器;小さな鳥のマグ》
[PR]

by utau-shokutaku | 2012-12-03 22:15 | ティータイム | Comments(2)
2012年 09月 02日

珈琲とアイスとチョコと・・・。

私は ”ブルームーン” は見れずじまいで気がつけば9月にはいっていました。
雨も降ってたしね・・・。

e0271167_1873654.jpg

”ブルームーン”なんてしゃれた言い方で涼しげだけど、
私の住んでいるところは、まだまだ昼間はやっぱり、残暑真っ最中。

でも夕方になると少しづつ秋の気配が感じ涼しくなってきています。
そんな時間に、大人になってもたまに食べたくなる、甘くて、脂肪分が高い(笑)飲みもの作ってみました。


e0271167_16583333.jpg
















1、苦めの濃~いコーヒーをまず入れます。(私は苦めがお勧めです。)

e0271167_1658443.jpg












2、それをマグカップに注ぎいれその上にアイスクリームをた~っぷり乗せます。

e0271167_16585433.jpg













3、その上からチョコレートソース(今回はブラックガーナに少しのミルクを入れて湯せん)を
  たっぷりかけます。
  長いスプーンを突っ込んで,いただきます!

e0271167_1658042.jpg

































この手の飲み物ってスタバとかタリーズとかのメニューにアイスカフェなんちゃらって名前がついていると思うのですが(あまり頼んだことないけど)、
今回作ってみて思ったのは、この手のものほど断然自分で手作りした方がおいしいと思う(笑)。

顔になにやらムクムクでてきそうな、マグカップで頂くジャンキーな飲み物。
苦~いコーヒーとバニラアイス、チョコの取り合わせ、”たまには”いいですよね!


≪器;赤絵ぜんまい文マグカップ≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2012-09-02 17:32 | ティータイム | Comments(2)
2012年 07月 16日

赤えんどう と 寒天

赤えんどうと寒天はゴールデンコンビ。

e0271167_10285477.jpg


まだ梅雨も明けていませんが、私の住んでいるあたりは初夏、いえ、夏です。

「日差しが強そうだな~、外出るのいやだな~」と眺めながら、現実逃避に”みつ豆”。

e0271167_10284656.jpg

みつ豆に入っている”赤えんどう”。

たまにまめ屋さんに入ると、買おうか一瞬迷う”赤えんどう”ですが、
いまだに買ったことがなく、目下、みつ豆は缶詰です。

寒天も大好きです。

でもひとつ苦手なのが白桃なんですよね。
どうもあの歯ざわりがいまいちで。

(後日、発覚。白桃とずっ~と思っていたものは、実は洋ナシだったらしい....。)

それでも、やっぱり、じゅう~ぶん、楽しめてしまいます。

≪器;色分唐草文 ひとくちカップ≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2012-07-16 10:53 | 甘味 | Comments(0)
2012年 06月 04日

薯蕷饅頭でいっぷく。

花展に行ってきました。
時々、円照寺・山村御流の花展に見にいく機会があります。

見ているといつも使っていない脳の回線が揺れるような不思議な感じです。
私は見る専門ですが、興奮でもない面白い感覚です。

e0271167_20223893.jpg


帰って頂いた薯蕷饅頭でいっぷく。

餡がとっても美味しい。

e0271167_2023933.jpg



e0271167_20241855.jpg

《器;赤絵ぜんまい文湯呑み》
[PR]

by utau-shokutaku | 2012-06-04 13:38 | ティータイム | Comments(0)
2012年 05月 21日

”おとな”のブルーベリーパイ

毎年、私はブルーベリーを10キロぐらい収穫し、三~四回ぐらいにわけてジャムを作り、ビン詰めにするのですが、
去年は木の更新がうまくいったようで、収穫量がいつもよりとても多くて、冷凍庫にまだたくさんのブルーベリーが残っていました。

あと3ヶ月もすれば今年の収穫が始まるのでどうにかしないとな~と思い、
ちょっと ”つまめるもの” を作ってみました。


e0271167_920559.jpg


               ☆大人のブルーベリーパイ

               ブルーベリージャム 120グラム
               ラム酒 20グラム
               パイシート  3-4枚 
               サワークリーム  適量
               胡椒  お好みで
               卵の黄身 

e0271167_9282936.jpg

                鍋に冷凍ブルーベリーを入れます。私は少し多めの分量で炊きます。
                ブルーべりージャムを作るときより少ない砂糖(ブルーベリーに対して5%)
                を加え、強火で一気に水分をとばしていきます。
                このとき焦げ付かないように鍋のそこから掻き回し続けます。
e0271167_171420100.jpg

                水分の少ない少し固めのジャムが出来たら火を止めます。
e0271167_17142671.jpg

                容器に移し、ラム酒を加えます。
e0271167_17145478.jpg

                これを中身にいれパイ生地に包みます。入れすぎにご注意!!
e0271167_8554470.jpg
              
                私はすぐ焼けるように、この状態のものを冷凍庫に保存しました。
                黄身で艶を出し、200度とオーブンで5分。

e0271167_9213514.jpg


☆私はサワークリームだけを添えて食べましたが、これに少し胡椒をかけても美味しいかも。
 ワインにも、コーヒーにも、紅茶に合う甘くない ”大人のブルーベリーパイ” はいかが? 

e0271167_926168.jpg
《器;耳付広口カップ》
・この広口カップは先月出品した”カップ展”で好評だったようです。色々と使えて便利です。
[PR]

by utau-shokutaku | 2012-05-21 10:00 | 甘味 | Comments(0)
2011年 12月 16日

柿と無花果とクルミのコンフィチュール

コンフィチュールを作りました。
柿と無花果とクルミのコンフィチュール。
何年か前に雑誌に載っていたレシピを自分流にアレンジしながら作っています。
私はワインをのむ時、これがあれば何もいらないのですが、ワインが進みすぎて困るので(笑)、

今回は 珈琲を入れてフランスパンとともに一服

e0271167_755191.jpg


e0271167_7544491.jpg

☆柿と無花果とクルミのコンフィチュール レシピ
柿  8個
ドライ白無花果 10個
クルミ  100グラム
白ワイン  200cc
レモン果汁  1個
(今回はシークワーサー10個を使いました)

e0271167_7552737.jpg
1、柿を皮をむき種を取って荒く刻んでおく。無花果も同じように荒く刻む。
2、鍋に柿と無花果をいれ、実の形がわからない位滑らかになるまで煮る。
3、鍋にワインとシークワァーサーの果汁をいれ2、30分煮詰める。
4、煮詰めたら、荒く刻んだクルミを入れ、煮沸したビンにいれ、密閉するために10分煮沸させる。


e0271167_7551341.jpg



私は珈琲が好きでよく飲むのですが、夜は3口、4口で飲みきれる、これぐらいの細身のカップが私にはちょうどいいのです。

≪器;色分唐草文細身マグ≫
[PR]

by utau-shokutaku | 2011-12-16 07:25 | 保存品 | Comments(0)